読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

2ちゃんねるのまとめブログがキライな話

f:id:dobonkai:20131116023800j:plain

俺は2ちゃんねるまとめブログ(以下まとめブログ)が嫌いだ。
キライだからキライである。理由は特に無い。
と言うと記事がここで終わりになってしまうのでなぜキライか少々説明させていただく。

万が一まとめブログのことをご存じない方がいらっしゃるかもしれないのでそれについても簡単に説明させていただく。

まとめブログとは2ちゃんねるの中で盛り上がっているスレッドを読みやすくまとめたものだ。
2ちゃんねらー同士があーでもないこーでもないと日々議論だったり罵倒の応酬だったりしているスレは確かに意味のないAAや宣伝LINKが書き込まれていたりするがそういった「ノイズ」を排除することで読みやすくなる事実は認める。



但しそのノイズも含めて2ちゃんねるだ。
2ちゃんねる専用ブラウザを使えばそういったノイズを自分の設定によって排除できるし、仮にブラウザでそのまま閲覧しているとしてもそんなノイズはそのうち気にならなくなる。
純粋にノイズだけを除いたまとめブログならまだ許せるがそんなブログは存在しない。
ノイズ以外の部分まで編集という名のもとで排除されている。
スレの中には議論とも喧嘩とも取れるような2人あるいは複数人のレスが延々と続くこともある。読んでるコチラとしてはうんざりする場面だがやはりそれも含めて2ちゃんねるだ。
そういった部分をバッサリと切り落としてしまう。

問題点は更にある。そちらの方が悪質だ。
ニュースなどを扱うスレッドでは大抵その加害者と被害者のそれぞれに対して非難や擁護のコメントが書き込まれる。

仮にここでは被害者の落ち度を非難するコメントとそれは仕方がなかったという理由で擁護するコメントがちょうど半々の割合だったとする。
そのスレッドにはいつもの様に無意味なAAやLINKが貼られている。
それらのノイズを排除してまとめブログに掲載するのならその記事中の非難と擁護コメントの割合はオリジナルと同じ半々になるはずだ。

しかしそうならない。

編集者の意思が介入してコメントの抽出が行われるためコメントが偏る。
それは「神の手」のように作用する。
特に韓国や中国が絡むイデオロギーの成分が高いスレッドはその傾向が顕著だ。特定のブログ名は出さないが完全に一方の意見しか載せないサイトもある。

編集者の政治信条なのか純粋に読み物として楽しくするためにコメントを抽出した結果意見が偏ってしまったのかは判断できないが、オリジナルのスレッドに合ったはずの空気感は完全に失われている。

スマホの台頭でインターネットを身近に使う層が大量に存在しているがその多くはライトユーザーに分類される。批判を恐れず言うと情報弱者が大量に発生したわけだ。

そのライトユーザーたちがまとめサイトの膨大なPVを支えている。
あるニュースのまとめ記事を目にした際、これが2ちゃんねらーの意見なのかと思い込む。
元スレのURLがリンクされているはずだからそれをたどればオリジナルを確認できるがライトユーザーがそんなことをするわけがない。

ある犯罪被害者がまとめブログにおいて一方的に非難されていたならば、それがネット民の声なのかと誤認してしまう。元スレのコメントは非難と擁護が半々だったとしてもだ。

これはある種の思想誘導と言ってもいい。

この手のまとめブログ批判は恐らくとっくの昔から各所で書かれているとは思うのだが俺がブログを始めたのが最近なのだからその辺りはご勘弁願う他ない。

更にムカつくことがある。
インターネットで調べ物をしているとかなりの確率でまとめブログがヒットしてくる。
仕方がないからのぞきに行くのだが案の定そこで有益な情報は手に入らない。
また、はてなブックマークで流れてくる様々なサイトの中でもまとめブログの割合はそこそこある。
キャッチーな見出しについ釣られてクリックしてしまうが大抵そのタイトルは見掛け倒しでがっかりする。

だから絶対にアフィリンクを踏むものかと細心の注意を払っているのだが偽装なのかなんかのかわからないがまんまと引っかかり踏んでしまう。
これでブログ運営者にいくらなのか知らないが利益を与えてしまったかと思うとムカムカくる。

記事の内容は2ちゃんねらーが書き込んだ文章だ。
それをただコピペしただけで記事を作り、こともあろうかアフィで収入を手にしている。
著作権の問題やらその辺りのことは疎いのでよくわからないが他人の文章をパクって貼り付けて記事を作り自分の利益に結びつけているのは間違いない事実だ。

俺はブログを書いている。
一字一句自分の脳味噌から絞り出している。
もちろん今後何かを引用して記事を書くことがあるかもしれないが引用だけでブログの記事が完成するはずがない。
引用するのは意見なり批判なり何かを書くために必要であってそうした「普通」の引用は認められて当然だ。

ところがまとめブログは引用だけで記事が出来上がっている。
無断で人のフンドシを借りて記事を作り、俺のブログなんかでは足元にも及ばないPVを叩きだしている。
どこかの誰か、顔も年齢もわからない人間が「2ちゃんねる」に書き込んだはずなのに、いつのまにか「まとめブログ」にリサイクルされそこで利益の種にされている。

確かにまとめブログは便利だ。

2ちゃんねるにはくそみたいな読む価値の無いスレッドが日々量産されている。
その中で面白いスレッドを探しだすのは面倒だ。
まとめブログがそのキュレーター的役割があるのもよくわかる。

だからこのブログを読んでくれた人にまとめブログを利用するなとは言わない。
そこに貴方の興味を惹く記事があったなら、どうか元URLを参照していただきたい。
もしかすると全く違う空気がオリジナルにはあるかもしれない。

日々皆さんが無意識に利用しているまとめブログが何をやっているのか、それを再確認していただきたかったからこの記事を書いた。

貴方がPCやスマホでまとめブログへと訪問する際、この記事のことを思い出していただければ幸いです。

検証 東日本大震災の流言・デマ (光文社新書)

検証 東日本大震災の流言・デマ (光文社新書)