読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

おっちゃん、タバコやめるってよ

コラム 禁煙

今週のお題「卒業」

俺は筋金入りの喫煙者だ。
20ウン年吸っている。肺はタールで真っ黒だろう。
階段なんかを勢い良く駆け上がると息が切れるがそれは加齢だけが原因じゃないことは理解してる。


ネット上では喫煙者に対する風当たりがキツイ。

「喫煙者を見つけたら即殺せ」

先日、Twitterで流れてきた文言だ。(あえてそのツイートは貼らない)
もちろんこれはネタだろうことは良く分かる。
とはいえネット上ではこのようにタバコを毛嫌いするどころか完全に敵視して憎んでいる意見をよく見る。

この国は言論の自由が担保されているから発言は自由である。
エキセントリックに見えるこのような意見もネット上では一定の支持を受けているように感じる。
2ちゃんねるの中でこの手のスレは時々見かける。
ネット上の言論としてもっとも先鋭化しているのはおそらく2ちゃんねるだと思うのだが、かなり昔から2ちゃんねる内ではタバコ憎しの言論が幅を効かせていた印象がある。
喫煙者としてはとにかく肩身が狭い。





百害あって一利なし
タバコはまさにそうである。
同じ嗜好品の中でも酒は量を守れば健康に良い面もある。
タバコにはそれがない。
ないどころか副流煙によって他者に害を生じさせる可能性すらある。
吸うことで得られるメリットはおそらく無い。
タバコを吸うと「落ち着く」だとか「集中力がアップ」するなどは自分が喫煙者だからこそ思うがかなり眉唾だ。

イライラしている時に吸いたくなるのはそれを解決させる効果を狙ってタバコに火を付けているわけではない。
単純にそのような心理状態になるとタバコが吸いたくなるだけだ。
吸ったことでイライラが解消されるわけでもないのに吸ってしまってドンドンと無駄に消費するだけである。
ブログを書いている時に筆が止まるとやはりタバコが欲しくなるが吸ったからといって集中力が上がって筆がグイグイと進むわけではない。

タバコを吸わない方からすればなんでこんなに意味のない物をありがたがって吸っているのか不思議に思うだろう。
そりゃそうだ。
俺自身なんで吸っているのか不思議でしょうがない。


このところ禁煙を考えている。
なかなか踏ん切りがつかなかったがこんなブログをたまたま見つけた。
禁煙の日記

この人は禁煙日記としてブログを書かれている。
一つ一つは短い日記だけれど、この人も頑張っているのだから俺も一緒に禁煙しようかなという気持ちにさせてくれる。
とは言いつつも今日もまた俺は吸ってしまっているのだが……。

f:id:dobonkai:20140327172406j:plain
実は俺はタスポを持っていない。
近所にコンビニもタバコ屋もあったし、なにより手続きが面倒で結局いままで作らずに来てしまった。
自動販売機で気軽に買うことが出来ないのだがそもそもタバコはいつもカートンで買って常にストックしているので不便は無かった。

昨日、いつもカートン買いしているタバコ屋のおばちゃんが我が家に来て「消費税アップの前に買い溜めするかい」と聞いてきた。
要は予約のための仕入れ数の調整をしたいらしい。
機会損失は避けたいが余剰在庫を抱えたくないのだろう。

もう数年そこでカートン買いしていたから、おばちゃんからしたら俺は上客だったに違いない。

「おばちゃん。俺、禁煙するんだ」
そう言った後のおばちゃんの寂しそうな顔は忘れられない。
買い溜めのタバコはもうすぐ底をつく。

俺はおばちゃんに禁煙すると宣言したものの未だに吸っている。
果たして禁煙が成功するのか乞うご期待。

禁煙記事一覧
dobonkai.hatenablog.com