読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

【フェザー】両刃カミソリは剃り味も凄いし、なによりヒゲソリが楽しい、そして安い

高いだけの5枚刃からの卒業

ここ数年はずっとジレットの5枚刃のT字カミソリばかり使っていた。
そろそろ替刃の在庫が無くなりそうだったので新しく買足すか、それとも気分転換を兼ねて違うヒゲソリにしようかと色々物色していた。

両刃のカミソリの存在は知ってはいたけれど一枚刃のヒゲソリにあまり良いイメージを持っていなかった。
出張なんかでビジネスホテルに宿泊すると備え付けられてるのは安物の一枚刃のヒゲソリだ。これでヒゲを剃ると大抵血だらけになる。
そういうこともあって一枚刃に良いイメージを持っていなかったからヒゲソリ選びの際に常にカミソリ負けしにくい多枚刃のヒゲソリ選んでいた。

今回はシックかFazerの3枚刃か5枚刃にしようと思っていた。


そんな時に子供の頃、おじいちゃんが縁側でヒゲソリしていた光景を思い出した。
洗面器にお湯を溜めて、日の明かりを浴びながらのんびりとヒゲを剃っていた爺ちゃんの姿を何故か思い出した。
もう10年以上前に他界しているのにその光景ははっきり覚えている。
そのおじいちゃんが使っていたのが両刃のカミソリだった。

近所のドラッグストアに行ってみたが両刃のカミソリは売っていなかった。
ヒゲソリコーナーはGilletteやSchickの多枚刃ばかりで昔ながらの両刃は見つからなかった。
ホームセンターにも行ってみたがそこにも置いてなかった。

何の気なしにスマホで検索してみるとAmazonには売っていた。
なんでも売ってるなAmazonは……。

コレを買った。

フェザー 両刃ホルダー 替刃2枚付

フェザー 両刃ホルダー (替刃2枚付)

フェザー 両刃ホルダー (替刃2枚付)




開封

f:id:dobonkai:20150122215228j:plain
届いた。



f:id:dobonkai:20150122215237j:plain
プラスチックのそこそこカッチリしたケースに入っている。ちなみに横開き。



f:id:dobonkai:20150122215238j:plain
こんな感じ。



f:id:dobonkai:20150122215227j:plain
こういう仕掛け。



f:id:dobonkai:20150122215239j:plain
パカっと開く。



f:id:dobonkai:20150122215240j:plain
ホルダーと刃。



f:id:dobonkai:20150122215241j:plain
刃をホルダーにパイルダー・オン。



f:id:dobonkai:20150122215226j:plain
見づらいが刃がアーチ状に曲げられて刃先がわずかに出ている。



両刃カミソリの使い方指南

最初に言っておくがT字のカミソリを使ったことが無い人にはおすすめしない。いきなりこれでデビューは難しいと思う。
もう一つは多枚刃と違って手軽にスイスイ剃れるものでもない。
なので時間の無い朝などはこれを使わずに電動シェーバーや多枚刃のカミソリを併用したほうがいいかもしれない。

注意点としてはしっかりとヒゲを暖めて湿らすこと。シェービングクリームはケチらずたっぷり使うこと。
最初に「順剃り」して、その後にシェービングクリームを付け直して剃り残した部分を「逆剃り」すること。
いきなり逆剃りするとカミソリ負けしやすくなる。
下で紹介している動画がとてもわかりやすいので参考にしていただきたい。


多枚刃に慣れていると手早くやり過ぎてしまうから、とにかくゆっくりと力を入れずに顔の凹凸に合わせて撫でるようにするとうまく剃れる。
顎下などの剃りづらい場所は焦らず丁寧に皮膚を引っ張りながら様々な角度から剃ってみるとよい。
その際も追加のシェービングクリームを忘れずに。

自分のヒゲは部位によってどういう角度でカミソリを這わせたらよく剃れるかが、慣れてきたらわかるようになる。
それまでは決して焦らずに、ゆっくりとヒゲソリすることを楽しんでもらいたい。


ヒゲソリは楽しい

休日や入浴中に時間に追われること無くゆったりとヒゲを剃るのはなかなか楽しい。
慣れればもっと早く剃ることもできるのだろうが、今のうちはまだ15分ほどかかる。
けれど今まで使っていたジレットの多枚刃とは明らかに違う気持ちいいほどの剃り味は、時間がかかるけれど剃り終わった後の肌を撫でてみると、思わずニヤッとしてしまうほどツルツルになる。

ヒゲソリという行為は毎日の作業で楽しいものでは決してなかったけれど、この両刃のカミソリは「研ぎ澄まされた刃を扱う」楽しさがある。
雑に扱ったり手を抜くと途端に剃刀負けして血が出る。
危なっかしさの裏返しに恐ろしいほどの切れ味があって、それを上手に扱えるようになっていく達成感みたいなものもある。



圧倒的なランニングコストの安さ

分解清掃も簡単だし、何よりランニングコストが安い。
本体は800円ちょっと、替刃は10枚で約500円だ。(記事公開時の値段)
贅沢に10日で刃を交換したとしても一月で150円ほどだ。
常に新品に近い切れ味で使うことができるから、古い多枚刃で無理してヒゲソリするより肌の負担も低いんじゃないかとも思う。

剃り方の参考動画


How to Shave with a Safety Razor - YouTube


余談になるが両刃のカミソリは各社互換性がある。
Fazerの刃をミューレ社のホルダーで使うこともできるし、他社の替刃をフェザーのホルダーで使うこともできる。
替刃のメーカーごとで刃の薄さや硬さが違うらしく、剃り味も違う。
そういった楽しみも両刃にはある。
コレ欲しい

2015.0305追記
最近はかなり扱いにも慣れてきて、すべてのヒゲ剃り工程を終えるまでに10分ほどで完了するようになった。
カミソリ負けすることも殆ど無く、毎日快適なビゲソリライフを送っている。
最近はヒゲを剃ったあとにこちらを塗っている。

ニベアメン スキンコンディショナーバーム

適量を手のひらに出して剃り上げた部位に塗る。
かなりヌルヌルしていて伸びもいいから、ごく少量で足りるはずだ。
塗りたてはヌルヌルしているのに1~2分もすると嘘のようにヌルヌルが収まって、しっとりとした肌触りに変化する。
髭剃りで荒れた肌に吸収されるようで気持ちがいいし、匂いも心地良い。
両刃カミソリとあわせて使ってもらいたい逸品だ。