読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

「意識高い系(笑)」と「意識高い人」をごっちゃにするなよ

これ読んだ。
www.suzutaro.net

この手の話で本当によく見る「意識高い系」と「意識が高い人」の混同。
上記の記事も完全にこれを混同した状態で書いているから論旨が無茶苦茶になっていて、予想通りブコメで叩かれている。


おそらくこの人は「意識高い系」を批判するはてなーという構図が「出る杭を叩く」という行為に見えているらしい。

そもそも「意識高い系(笑)」の人たちは「出た杭」ではない。
まだ頭すら出ていないにもかかわらず、飛び出た後の想像図をおかずに夢を語っているだけの夢想家で本体はまだ地面の中に埋まっている。


「意識高い系」が叩かれるのは、まだなにも成していないにも関わらず現状を批判し環境のせいにするからだ。
それだけではなく一番の害は、真面目にコツコツと頑張っている市井の人たちを「現状に甘んじているブタ」とレッテルを貼り考えることをやめた人間のように揶揄するからだ。

まあさすがにブタとまでは言っていないにしろ、現状に滿足してチャレンジしないのはバカだというようなことをさかんに言っている。
まだ自分は何も成していないのにだ。





例えば大学をやめるという選択は別に誇らしいことでも自慢できることでもない。
むしろ一般的には親御さんが、かけてくれた金や期待を裏切る行為と批判される。
もちろんいろんな事情があるから退学が全ていけないとは言わないが、それでも多少の困難なら頑張って継続した方がいいのは事実だ。
のっぴきならない事情があってやむなく退学するならまだわかる。
ところが友達が出来なくてつまらんとか、学ぶことがないとか、この場所では俺を成長させてくれないとか言われても「はぁ?」となる。

それこそ「意識高い系」が好んで使う「甘え」そのものなんじゃねえの?

大抵そういうことを言い出して何かをやめる人間の言葉は上っ面でしか無い。
要は、逃げ出すためのかっこ悪くないそれっぽい都合の良い理由を持ってきただけに過ぎない。

大人からするとそんな付け焼き刃はすぐに分かる。
なぜなら自分にも経験があるからだ。

だから昔の自分を見ているようでそんなんじゃ上手くいかない失敗するぞと言いたくなるのだ。


本当に「意識の高い人」というのは自分を吹聴しない。
なぜなら本物だからわざわざ自分を誇張したり虚飾にまみれさす必要がない。
意識高い系がしきりに誇大妄想的な言説を繰り返すのは、中身が無いことをさとられないように自転車操業的に自分や信者を鼓舞する必要があるからだ。

ただこれは最初から殆どの人には見抜かれているのだが、一部の免疫のないピュアな人が騙されてしまうケースが出てくる。

ブログ界隈でよく見かけるこの手の「意識高い系」はその虚飾世界が集金マシーンの体をなしていて、中にはいってしまうと一握りの胴元にむしり取られるだけで最後は何も無くなって放り出されることになる。

食い物にされる若者を一人でも減らしたいからはてなー達は寄ってたかって警鐘を鳴らしているのであって、そういう状況を「頑張っている人を叩いている」ように見えてしまうのは、あっちの世界に取り込まれかかっている症状だと言ってもいい。


向こうの世界に完全取り込まれた瞬間に人間ではなくなって、プロブロガーという蔑称で呼ばれるようになってしまうのだから恐ろしい。
そうならないようにするのは毎日の瞑想と運動、そして1日あたり350グラムの野菜を取るしか無い。
お大事に。