読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

昨日の記事の補足とお詫び

昨日書いたこの記事。dobonkai.hatenablog.com

こちらに多くのご意見をいただきまして本当にありがとうございます。


ブクマのコメントにありますように、なんで会社に確認しないのか?という非常にごもっともな指摘を頂きました。
先のエントリーには書きませんでしたが、数年前に総務に確認したことがありました。
その際の答えは「定期券の私的利用の是非は社内規程として特に定めていない」ということでした。
さらに突っ込むと「要は、ばれなきゃいいよ」ということだったわけですが、だとすればバレたらヤバイということでもあるわけです。
なので、いわゆる「グレー」な部分なのだろうとその時は納得したわけですが、昨日の記事で改めて皆さんに聞いてみたいと思い記事にしました。


なぜ私が定期の私的利用の件にこだわっているかというと、ひとえに現在の職業にあります。

身バレ防止のために過去の職業については何度かこのブログで触れましたが、現在の職については一切触れてきませんでした。
これはこのネット上の私と現実世界の私がつながってしまうと、その時点でネットから姿を消さなくてはならない状況に陥るためです。
そのために昨日の記事には書けなかった部分が多くあり、それが余計に誤解を与える余地になってしまったのだと反省しております。


詳しい説明は避けますが、現在の職は限りなく公務員に近いものと考えてください。

実際にあったケースをお話しますと、私が外回り中に時間が無く、コンビニでお弁当を買って、すぐ近くの公園の駐車場に車を止めて、車内で食べていたところを撮影され、職場と役所に通報されました。駐車していた時間は15分程度でした。
通報内容は「そちらの職員がサボっている」ということでした。

この場合、なぜ私がその公園にいたのかを役所に出頭して説明する義務が発生します。
このような市民からの通報というのは、理不尽な内容だったとしてもそういったケースが発生した時点で、内容の如何に関わらず、私達が先方に出向いて事情を説明しなくてはならなくなります。

そしてこのような通報はおそらくみなさんが想像する以上に多いです。

万が一、私が私服でバスに乗っている時に会社支給の定期で決済している場面を見られて通報されたら上記のような事情説明が発生してしまいます。
そういったこともあって私用の際は自分で購入したICカードを使っていたというわけです。
いわゆる一般的な会社であればそこまで神経質になる必要は無いと思うのですが、上記しましたように市民の目がある以上、一点の曇もないのでなければ危なくて使えないという個人的事情がありました。

このような状況にありますので、前回のエントリーで盛んに「突っ込まれたくない」と私が書いているのは主に世間からという意味です。

昨日の記事は私の書き方が悪かったために多くの方に誤解を招いてしまったことを真摯に反省し、今後のブログに活かしてまいりたいと思います。