読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

スターバックスで【ストロベリー クリーム フラペチーノ】を飲んできたよ

f:id:dobonkai:20150523182254j:plain
ストロベリー クリーム フラペチーノ®|スターバックス コーヒー ジャパン

スタバの新作「ストロベリー クリーム フラペチーノ」を飲みに行ってきた。
5月21日から販売が開始されたので今日で3日目ってことになる。

元々タバコを吸う人間だったからタバコの吸えない喫茶店であるスタバに良いイメージを持っていなかった。
むしろスタバに行く同僚を揶揄したりしていた。

去年の4月1日から禁煙している。
もう一年以上が過ぎた。
禁煙を始めてようやく一年が経過したのでそのご報告など - ネットの海の渚にて
タバコをやめたからスタバに入れる。
ついこの間まで「意識高いたか~い」とか「Mac開いてドヤリング」とか小馬鹿にしていたのにこの身代わりの早さ。
自分でも呆れるほどだ。

f:id:dobonkai:20150523182012j:plain
さて、味のほうだがとにかく「甘い」
スタバ歴がまだ浅いからそれほど多くのメニューを試したことはないけれど、それでも今までに経験の無いほどの甘さで驚いた。
いちごソースに偏在があるようで、濃い部分を吸ってしまうと、かき氷のシロップを原液で飲んでしまったような強烈な甘さが襲ってくる。
見た目は崩れてしまうがよくかき混ぜたほうがいいと感じた。
全体としてはいちごの甘酸っぱさが爽やかでこれからの時期ピッタリだと思うのだが、やっぱり少々甘すぎる。もう少し甘さを抑えてもらわないと喉の乾きが潤せない。
これを飲んだあとに口直しの冷たいお茶が欲しくなるのは本末転倒だろう。
というか甘いモノがそんなに得意じゃない人は他のメニューをチョイスした方がいい。





スターバックスの持つ独特の雰囲気

我が地元の中心地にはスタバの店舗が4~5件ほど固まってある。
路面店、駅ナカ、デパート内。
その店舗ごとに客層が変わってくる。
丸井の中にある店舗は当たり前だが若い女性が多い。
駅ナカにある店舗にこの間初めて寄ったが、平日の昼間はコピペのようにMacを開いてカタカタやってる意識高そうな人が多くて思わず笑いそうになった。
冗談かと思っていたけれど本当にそういう人がいるんだなと妙にしみじみした。

今日行ったスタバは街なかにある路面店だ。
土曜日だから買い物客が多い。
Macを開いている客は目視の範囲にはいなかった。
それにしても女性の比率が高かった。
駅ナカのお店は9割男だったが、今日の路面店は私以外全員女性だった。
ウナギの寝床のように細長い店舗だから、もしかしたら再奥の席に男性がいたかもしれないが、不審者がられず確認できる範囲に男は私一人だった。
こうなるとさすがに落ち着かない。
自分がこの空間で完璧に浮いているのではないかと不安になる。
もちろんそんなことは大抵の場合、杞憂なのだが……。


だからなんだというわけじゃないけれど、未だにスタバには慣れない。
なんだかソワソワしておしりがムズムズする。
難しい注文も出来ないしトッピングなんて持ってのほかだ。
システムもいまいちよくわかっていない。
昔からの馴染みの喫茶店もあるのに、なんでわざわざ落ち着かないスタバに行ってしまうのだろう。


本日、鳥取に初のスターバックスがオープンしたそうだ。
スタバ鳥取オープンに千人超(2015年5月23日(土)掲載) - Yahoo!ニュース
開店時間には約1000人が並んでいたという。

スタバにはそういう力がある。