読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

静岡市葵区にオープンした【ステーキ居酒屋 佐塚】に行ってきました

食レポ

先日ここに行ってきた。

ステーキ居酒屋 佐塚 TEL054-255-1115
静岡県静岡市葵区両替町2丁目4−9 フィエスタ両替町 1F-C

友人がオーナーと知り合いで今月の3日にオープンしたということで、冷やかしがてら食べに行った。

ステーキをメインにしたお店というものに行った記憶が殆ど無い。
これだけ生きてきて数回しか行ったことがないと思う。
別に肉嫌いというわけではなく、むしろ好きなほうだ。
暑い日が続いて疲れが溜まってくると肉が食いたいとなるわけだが、そういう場合ステーキ店や鉄板焼き屋というよりも焼肉屋に行きたくなる。

ステーキハウスや鉄板焼きは、なんとなく高級感があふれていて落ち着いた雰囲気の場所というイメージがある。
ワイワイがやがや肉をがっつくというよりも、落ち着いた大人同士がしっぽりとワインなんかを嗜みながらというイメージがあってあまり気が進まない。
トータルで支払う金額的には焼肉屋と対して変わらないはずなのだが、どうしても敷居が高い気がする。
焼き肉屋はTシャツで行けるがステーキハウスや鉄板焼き屋だとジャケットが必要な感じがする。
少なくても俺が接待で使っていた鉄板焼屋は、暗黙の了解としてのドレスコードがあった。



今回お邪魔したステーキ居酒屋 佐塚はTシャツでも入店できそうな雰囲気の漂う気さくな店だった。
f:id:dobonkai:20141018015146j:plain
リブロース 1.200円 100グラム
サーロイン 1.500円 100グラム
ヒレ    1.800円 100グラム

黒毛和牛でありながらこの価格。
一頭買いをしているからこそ出来る価格設定とのこと。


f:id:dobonkai:20141018015147j:plain
これはお通し

とりあえずビールを頼んでサイドメニューの牛カツを注文。
f:id:dobonkai:20141018015145j:plain
表面はカリッと揚がっていながらも中はミディアム・レア。
滴る肉汁が楽しめた。
サイドメニューでありながら素晴らしく美味かった。


サイドメニューをもう一品。
牛すじの煮込み
f:id:dobonkai:20141018015144j:plain
牛すじはホロホロに煮込まれていて口に入れると溶ける。
丁寧にアク取りをしているらしく嫌な雑味や臭みなどは一切ない。
家庭的でホッとする一品。


ここでメインが登場した。
f:id:dobonkai:20141018015229j:plain
リブロースを100グラム


f:id:dobonkai:20141018015230j:plain
こちらはサーロインの100グラム

ピンぼけで申し訳ないが手前に写っている横長のトレーには左から「わさび」「岩塩」「ニンニクバジルオイル?」「マスタード」で、すきな味付けをして食べることが出来る。


一緒に行った友人はガッツリ食いたいと言い出してリブロースを300グラム注文したから唖然とした。
おいおい、俺らもう若くないんだぜ……。
f:id:dobonkai:20141018015227j:plain
どっさりww

f:id:dobonkai:20141018015228j:plain
肉を持ち上げてみるおっさん。


さすがにリブロース300グラムはアラフォーおっさんには厳しかったらしく、最後は俺にも食えと言い出したから笑った。


久しぶりにがっつり肉を食ったわけだけど、20代のころのようにいくらでもと言うのは無理になったなぁとしみじみ感じた。
行く前は、500グラムくらい食べちゃおうかなとか言っていたけれど結局俺はリブロースとサーロイン合わせて200グラム。友人は300グラムでお腹いっぱいになった。
もう十年若かったらもっと食えたのになあと二人で笑いあった楽しい夕餉でした。


ステーキ居酒屋 佐塚 TEL054-255-1115
静岡県静岡市葵区両替町2丁目4−9 フィエスタ両替町 1F-C