読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

突然Wi-Fi(無線LAN)が繋がりにくくなった場合は電波の干渉を疑ったほうがいい

解説

こちらを読んだ。
moneyreport.hatenablog.com
1Fが美容室で2Fが自宅。
Wi-Fiの親機は2Fに設置していて、今までは使えていたのにある時期を境に1Fの店舗でWi-Fiが切れやすくなったとのこと。
そこでマネーさんは、Wi-Fi機器が設置されていた棚の上ではなく、床の上に直接置くということで少しでも1Fに近づけるという対処をしたらしい。

続きを読む

「意識高い系(笑)」と「意識高い人」をごっちゃにするなよ

コラム

これ読んだ。
www.suzutaro.net

この手の話で本当によく見る「意識高い系」と「意識が高い人」の混同。
上記の記事も完全にこれを混同した状態で書いているから論旨が無茶苦茶になっていて、予想通りブコメで叩かれている。


おそらくこの人は「意識高い系」を批判するはてなーという構図が「出る杭を叩く」という行為に見えているらしい。

そもそも「意識高い系(笑)」の人たちは「出た杭」ではない。
まだ頭すら出ていないにもかかわらず、飛び出た後の想像図をおかずに夢を語っているだけの夢想家で本体はまだ地面の中に埋まっている。

続きを読む

Kaldiカルディで売ってる【たらこスプレッド】で超簡単たらこパスタを作る

漢の料理 おすすめ紹介

カルディに行くと必ず買うものがある。
チェリーコークとたらこスプレッドだ。
f:id:dobonkai:20160918100410j:plain
チェリーコークはおいといて、このたらこスプレッドは非常に使いやすくて、バターとかマーガリンのようになっているからパンなどにも簡単に塗れる。

続きを読む

努力したからといって必ずしも夢は叶わないし成功者にもなれない

コラム

金メダルを取ったスポーツマンが「努力は必ず報われる」といったような趣旨のコメントを言ったりするが、私はこれをあまり素直に聞くことが出来ない。

確かにこの人は誰にも負けないくらいの努力をしてきたのだろうと思う。
血のにじむような練習に耐え、普通の人なら根を上げるようなつらい精神状態に追い込まれてもそれを乗り越えてきたからこその金メダルだというのは間違いのない事実だ。
ここに嘘は存在しない。

けれど私がいまいち得心出来ないのは敗者の存在が無視されているからだ。


金メダルを取るにはまず日本代表になる必要がある。
日本代表になるには国内の大会で優勝をしていなければならない。
国内大会に出られるということは、その前段階で充分な成績を残しておかなければいけない。
さらにその試合に出るには学生時代に別の大会で優秀な……等など。このように金メダルを取るまでの道なりを延々とさかのぼってみるとその全てで勝ち上がってきたということだ。

つまり彼が金メダルを取った栄光への道程を振り返ってみたら、道のあちこちに夢破れた無数の敗者が転がっているということになる。

続きを読む

無意識に使っている差別語をやめさせるのはとても大変ということ

コラム

このブログの読者さんであれば今まで何度も書いてきたので御存知だと思うが、私は以前電気関係の仕事をしていた。

エアコンの取り付けや修理、電気工事やアンテナ工事。
そういった現場で10年ほど働いていたことがある。

どの業界でもそうだと思うが、その中でだけ通用する言葉というものがある。
いわゆる「業界用語」と呼ばれるものだ。

それは仕事における意思疎通の中で誤読や聞き間違えなどが発生しないように、過去の失敗事例などが元になって現在使われているような言葉に進化しているケースが多い。

例えば私がいた電気業界だと当たり前のように使われている「オス、メス」という語。
2つの部品が組み合わさるような場合でよく使われる言葉だ。

凸状の部品をオス、凹状部品をメスと言ったり、何かを差し込む場合に挿す側をオスと呼び、受け側をメスと呼ぶ。

これらは単純にイメージしやすいという理由から多くの場面で使われているのだと思う。

続きを読む