読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

Googleフォトの新機能 手ぶれ補正(スタビライズ)を実際使ってみた感想

Googleフォトの新機能が追加された。
すでに撮影済みの動画をソフト的に補正して手ブレを抑える【スタビライズ】という機能が追加されたので、実際のところどんなものか試してみた。

とりあえず、現時点(2017.04.17)ではAndroid向けだけでiPhoneではまだ利用できない。


Googleフォト

Googleフォト

開発元:Google, Inc.
無料

posted with アプリーチ


使い方は簡単で、Googleフォトを開いて、手ブレ補正したい動画を選んで下部にあるペンのマークをタップ。
f:id:dobonkai:20170417194730j:plain


そうするとスタビライズという項目が出てくるのでそれをタップ。
f:id:dobonkai:20170417194953j:plain
その後は自動的に処理が始まるので暫く待つ。
端末内で処理するので端末のCPUパワーに左右されると思うが、だいたい動画の長さの2~3倍程度の処理時間がかかった。(私が持っているNexus5の場合)


以下に元動画と、処理済み動画を貼ってみたので参考にしていただきたい。

手ブレ処理前の元動画

youtu.be


Googleフォトの手ぶれ補正スタビライザで処理済みの動画

youtu.be


実際に動画を見てもらうとわかるが驚くほど手ブレが抑えられている。
ただし、画像そのものの精細さは失われ解像度の劣化がパッと見でわかるレベルに低下している。
時折画面全体が歪んだりするのも見て取れるし、やはりソフト的な手ブレ補正の限界は感じる。

スマホ等の小さな画面であればそれほど気にならないが、パソコンなどで高精細な大画面で見るとやはり画質の低下は気になる。
お金もかからず手軽にできる手ぶれ補正としては大変優秀なのだが、あまり過度な期待はしないほうがいい。
やはり高精細できれいな動画を手ブレ無しで撮りたいとなると、手持ち用のスタビライザーやカメラ側の光学手ブレ補正などの領域で、まだまだソフト処理だけでは難しいなという感想だ。