読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

Satechi アルミ二ウム Bluetooth ワイヤレス テンキーのレビュー

B01J4D1KFC

Satechi スリム 充電式 アルミ二ウム Bluetooth ワイヤレス テンキー

MacBookのキーボードにはテンキーが付いていない。
というよりもMacBookだけではなくて、世にあるノートパソコンの殆どについていない。

テンキーというのはその名の通り数字を打つためのデバイスなので、いらない人にはいらない。
そもそもキーボードの一番上の列に数字キーが付いているから、テンキーが無いとどうしても困るということもない。

ただ、数字を大量に打ち込まなくてはならない作業があった場合に、テンキーの有る無しでは圧倒的に入力効率が違ってくる。テンキーが無かったらやってられないという作業も実際にある。

MacBookを使っている人で、テンキーが欲しいとなった場合にAppleから純正が出ていればそれでいいのだけれど何故か出ていない。
Macを選ぶ人というのはおそらく見た目や触り心地などにもこだわる人なのだと思うので、Macに合わせてしっくり来るサードパーティ製のテンキーを探すならこの機種を第一におすすしたい。

開封

f:id:dobonkai:20161117235207j:plain
f:id:dobonkai:20161117235213j:plain


同梱品はマニュアルと充電用のUSB-microUSBコード。
f:id:dobonkai:20161117235317j:plain


カラーは3色あって画像のものはスペースグレー
f:id:dobonkai:20161117235329j:plain
MacBookのカラーバリエーションと同じスペースグレーシルバーゴールドの3色から選べる。
基本的には自分が持っているMacBookの色に合わせるのが良いと思う。



f:id:dobonkai:20161118000029j:plain
裏面には滑り止めのゴムが4隅についていて入力時にちょっとずつ滑っていってしまうことはない。
Bluetoothの初回接続時に使用するファンクションボタンも裏面にある。


f:id:dobonkai:20161118000311j:plain
手前にかけて緩やかな傾斜になっている。



f:id:dobonkai:20161118000331j:plain
使っていないと1時間で自動的に電源がOFFになる機能もあるのだが、それとは別に物理スイッチがあってそれで電源のON,OFFができるようになっている。
それと充電用のmicroUSB端子も同じ面にある。
ちなみにバッテリーが空の状態から満充電まで約2時間。
満タンなら約2週間使うことができる。
万が一使用中にバッテリーが切れてもUSBを繋げば充電しながら使うこともできる。


f:id:dobonkai:20161118000914j:plain
重さは実測で101グラム。
プラスティック製と違ってアルミニウムボディなので高級感とカッチリ感がありながら約100グラムと軽量なので、持ち運びするときも苦にならない。


残念ながら私はMacBookを持っていないので申し訳ないのだが、参考までに自前のノートパソコンと並べるとこんな感じ。
f:id:dobonkai:20161118001236j:plain





実使用によるレビュー

実機の画像を見てもらえばわかるが、この機種はあきらかにMacユーザー向けに作られている。(もちろんWindowsパソコンでも使える)
元々SatechiというメーカーはMac向けの商品を中心に展開しているわけで、他の周辺機器もよくある中華メーカーとは一線を画した品質と質感で大変おしゃれな作りになっている。
>>Satechi商品一覧

キー入力時の打鍵音は耳障りというレベルではないものの、無音というわけではない。普通のノートパソコンと同レベルのカチャカチャ音はある。

テンキーと言うものは数字を入力するデバイスなので、他機種と比べて何かがずば抜けるということは難しい。
これは逆に言うと2~3千円で売っている安物のテンキーであっても入力するだけなら何ら困らない。

ただこの商品はMacと同レベルのおしゃれさを目指した商品なので、価格は高いが所有する満足度は非常に高い。
数あるパソコンの中からMacを選ぶような感性をお持ちの方は、たかがテンキーと言わずにこういった高品質なものを選ぶべきだと思うし、その期待に沿う品質であるこの機種をおすすめしたい。