読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

幸運と不幸は紙一重で表裏一体

http://www.flickr.com/photos/56783767@N00/4231642
photo by dan taylor

この記事を読んだ。

【実験】バナナにいろんな言葉をかけてみた話 - 無要の葉

ぜろすけさんがバナナに言葉責めをしているところを想像したらなんだかジワジワきた。

この記事の中ではバナナが黒くなることを「傷んだ」という意味合いで取り扱っているように感じた。
もちろん一般的にはそうなんだろう。

でも俺はちょっと違う。
バナナは皮に黒い斑点が出てきてからでなければ食べない派なのだ。
そこまで放置してからバナナを食べるので実の一部が黒くなっていることなんか日常茶飯事である。
だから俺にとってバナナが黒くなるのは「傷んだ」ではなく「熟した」なのだ。

同じ現象を観察しても人によって正反対な捉え方がありうる。

まだうっすら緑の部分が残っている若いバナナが好きな人もいるだろうし、俺のようにポツポツと皮に黒い斑点が浮かび上がったものが好きな人もいる。
青いバナナが好きな人からしたら黒くなった実は「腐った」と感じるかもしれないし、俺からしたら青いバナナなんて竹とか笹みたいな感じがして「パンダにでも食わせとけよ」となる。

なんでこんなバナナ論争を繰り広げているかというと見方によって「現象」は全く正反対になりうるケースが多々あるということだ。



幸運と不運

例を出す。
横断歩道を渡っていた時に信号無視をしてきた車に跳ねられたとする。
猛スピードで突っ込んできたにもかかわらず、大きな怪我はせずにたった全治二週間の軽症で済んだとする。
この場合当たりどころが悪かったら死んでいたと警察に言われたのなら「運が良かった」と捉える事ができる。
確かにそうだろう。
猛スピードで交差点に突っ込んできて跳ね上げられたのに、擦過傷程度で済んだのは奇跡に近い。
確かに「運がいい」
しかしだ。
この事故の際、隣にもう一人いたとしたらどうだろうか。

二人並んで横断歩道を渡ったのに数十センチの違いで一人は跳ねられもう一人は目の前をかすめただけだった。
こうなると運が良かったのはこの無傷で済んだ人ではないかと思う。

話を更に進める。
事故に遭っても軽症で済んだから運が良かったねと周りから言われて、自分でもそうだなと思い込んでいた時に、その交通事故を起こした当人が無免許、無保険でしかも支払い能力がない人間だったとわかったらどうだろうか。
同じ事故に遭うのだとしても慰謝料どころか治療費さえ回収出来そうもない相手に当てられたとしたら「運が悪かった」と言われるだろう。


さらにまだある。
事故で救急に運び込まれた際、目立った外傷は無かったにせよ念の為にCTやMRIを撮影したことで事故とは無関係の病変が見つかったとする。
頭の検査をしたら事故とは無関係の脳腫瘍が見つかって手遅れにならずに済んだ場合、やはり「運が良かった」と評価されるのだと思う。



この交通事故をきっかけとした一連の現象をまとめて見るとこうなる。

1.猛スピードで跳ねられたのに軽症で済んだ。(幸運
2.一緒にいた人は無傷なのに数十センチの差で自分だけ跳ねられた(不運
3.軽症で済んでホッとしていたけど相手がとんでもない人物だった(不運
4.事故に遭ったことで受けた検査でたまたま脳腫瘍が発見されて手遅れにならずに済んだ(幸運

この一連の現象をどこで切り取るかで印象が変わる。
トータルで見たら事故に遭ったお陰で脳腫瘍が発見されて命が助かったわけだから「運が良かった」ということになるのだろうと思う。


「不幸中の幸い」という言葉がある。
まさに今回例にあげたケースがこれにあたる。

こういうことは大小あるとはいえ、様々なケースで起こり得る。
問題なのはそこに宗教が絡むケースだ。
何年も前の話になるが実際に目の当たりにしたことがある。
知人が事故に遭った際に、それは信心が足りないからだと言われているのをこの目で見た。

その事故は酔っ払い運転の対向車が車線を飛び出して、正面衝突した大きな事故で両者の車は大破した。
酔っぱらいの運転手は車からはじき出されて意識不明の重体。
知人はエアバッグに助けられて肋骨の骨折とムチ打ちだけで済んだ。
その知人のお見舞い中の話だ。

俺は大きな怪我にならなくて本当に運が良かったと言った。
ところがその病室に後から入ってきた知人の親戚が、ベットに横たわっていた彼に向かって「事故に遭うのは信心が足りない」と言ったのだ。


運が良いのか悪いのかというのは見方によって大きく変化する。
信心が足りなかったから彼が事故にあったのかどうかは分からないし、興味もないが、捉え方によって同じ現実から得る印象は、大きく変わることを理解しておいたほうがいい。