読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

歯ブラシを毎月交換する小さな贅沢

コラム

確か去年の年末に「今年の目標は毎月歯ブラシを交換すること」というツイートをずっと昔からフォローさせてもらっている方がつぶやいていて、それが何故か心に刺さって真似させてもらうことにした。


その月の最終日、夕飯の後に歯を磨きそのままゴミ箱へポーイ。
翌日の1日、新品の歯ブラシをパッケージから出して使うということを今年から始めた。

今までは期間を決めること無くなんとなく交換したり、ブラシの部分が拡がってきたらそろそろ寿命かな?ということで交換していたりした。
歯と言うのはとても大切なものという意識があるにも関わらず、その健康を保つための基礎である歯ブラシに無頓着だったということに気が付くきっかけになった。




歯磨きは毎日するものなのに古くなった歯ブラシを交換せずそのまま使ったりしていて、己の意識の低さに驚く。
例えば趣味のパソコンパーツなんかは長時間かけて吟味したりするのに、歯ブラシはなんのこだわりもなくジャケ買い感覚で選んだりしていたわけで我ながら呆れる。


毎月歯ブラシを交換すると決めたことで、歯ブラシそのものに興味が行くようになった。
だから最近はドラッグストアの歯ブラシのコーナーで長考するようになった。
それまでは100均で適当に買ったりスーパーなどで安売りされていたりしたらそれを買ったりしていた。

歯ブラシは少しお高めのものを買ったとしてもたかだか数百円だ。
500円を超えるような歯ブラシはめったにない。
毎日使うものなのだから少しくらい贅沢したっていいじゃないか、ということで最近はこれを使っている。

ヘッド部分が従来のものに比べると少し大きいが、毛の量が圧倒的に多いので磨いていて気持ちがいい。
これが正しい歯磨きに寄与しているのかはよくわからないけれど純粋に気持ちが良いという動機だけでこればかり使っている。
もし飽きたら次はGUMにしようと思っているが少なくても来月の分までは買ってあるので5月まではこれで行く。


歯は大切だ。
その大切な歯を守るのは歯磨きである。
歯ブラシを1ヶ月で交換するのは気持ちが良い。
それくらいの小さな贅沢のすすめ。