ネットの海の渚にて

私の好きなものを紹介したり日々のあれやこれやを書いたりします

CHUWI Hi10 Proの専用キーボードのレビューや感想など

f:id:dobonkai:20161209015416j:plain

dobonkai.hatenablog.com
先日、上記の記事で詳しく紹介した、Windows10RemixOS(Android5.1)のデュアルOSが使える、10.1インチタブレットの専用キーボードをgearbestから提供いただいたのでレビューしたい。

上記の記事でも書いたが、CHUWI Hi10 Proはいわゆるタブレットなのでキーボードが無くてもそのままタッチ操作で使用することもできる。
しかし、別売りの専用キーボードをセットすることで、まさにノートパソコンというような使い勝手が手に入る。

開封

f:id:dobonkai:20161209014559j:plain
実にシンプルで飾り気のない外箱。


f:id:dobonkai:20161209014631j:plain
詳しい方はすぐにピーンと来ると思うがこれは日本語キーボードではない。
いわゆる英語(US)キーボードと言うやつで、昔から好きな人はあえて日本語ではなくこちらを選ぶ人も多いという代物。

パッと見で気がつくのは、ひらがなが印字されていないのと半角/全角ボタンがないという部分。
半角/全角ボタンが無いからと言って日本語が入力できないわけではない。これについては後述する。


f:id:dobonkai:20161209015048j:plain
裏面には4隅にゴム足があって滑らない作りになっている。


f:id:dobonkai:20161209015130j:plain
f:id:dobonkai:20161209015132j:plain
左右に一箇所ずつフルサイズのUSB端子が備わっている。
タブレット本体にはmicroUSB端子がひとつあるだけなので、周辺機器を繋ぐ場合に変換コードが必要だったりするのだが、この専用キーボードを使うとフルサイズのUSB端子が2つ増えることになるので大変便利でありがたい。



f:id:dobonkai:20161209015855j:plain
重量は実測で581グラム。
カタログスペックだと540グラムだから実物は40グラム程度重たい。
このあたりの大雑把さはCHUWIに限らず中華メーカーならではというところ。


f:id:dobonkai:20161209020223j:plain
タブレット本体の重さが実測で557グラム。

なので両方を合わせると、キーボード(581グラム)+タブレット(557グラム)=1.138グラム ということになる。



タブレットにセットするとまさにノートパソコンといった見た目になる。
f:id:dobonkai:20161209020646j:plain
f:id:dobonkai:20161209020654j:plain

見た目はノートパソコンなのだが、決定的に違うのはキーボードと画面を逆向きに接続することができる。
f:id:dobonkai:20161209020838j:plain
動画プレーヤーなどの用途にはこの接続の仕方が良いと思う。
この場合画面タッチで操作することになる。




実使用によるレビュー

今まで日本語キーボードしか使ったことがない人は戸惑うかもしれないが、慣れてしまえば英語(US)キーボードでも問題ない。
半角/全角ボタンに相当するのは以下のボタン
f:id:dobonkai:20161209021153j:plain
[Alt]+[~]で日本語入力に切り替えできる。


タッチパッドの感度は良好。
滑りも良いのでストレスもなく快適に操作できる。

そもそも10インチのタブレット用のキーボードなので、やはりキー同士の間隔は狭い。これについてはサイズとトレードオフになるので仕方ない部分ではある。
キー入力時は適度な硬さとストロークがあって、このサイズのキーボードにしては十分頑張っていてキータッチの感触は大変良い。
打鍵音は静かな部類に入ると思う。
ただし無音というわけではなくて大人し目のカチャカチャ音はある。

感想まとめ

タブレット本体のときにも感じたのだが、まず見た目も触った感じも全く安っぽさが無いというところに驚く。
ひんやりとした金属筐体で作られたキーボードはむしろ高級感さえ漂っている。

中華メーカーといえば安かろう悪かろうというイメージがあるかと思うが、こちらのタブレットとキーボードについては価格を考えたら驚きの出来になっている。
画像だとこのキーボードの見た目の良さというか、仕上がりの良い工業製品が漂わせている「カッチリ感」のようなものが上手く伝わらないのがもどかしいが、この値段でこの品質のものが売られているという事実に正直驚く。

唯一気になったところがある。
キーボードがある表面はマグネシウム合金なのだが、裏面がプラスチック筐体なのが少し残念だった。
ここまできたら全面金属筐体で仕上げてほしかった。

そのプラスチック部分も非常にきれいな塗装でさらさらした手触りの仕上げがされているのだが、それが仇となって指紋が目立ちやすくなっている。しかもサラサラ加工のせいだと思うが付いてしまった指紋が拭き取りにくい。
とにかく全てにおいて作りが良いのでこの点だけ気になった。
まあほとんど目の届かない裏面の話なので気にしなくてもいい部分かもしれない。

タブレット本体の価格が2万円以下、専用キーボードが4000円ちょっと。(注:gearbestは頻繁にセールが行われているので価格は結構な頻度で変わります)
この価格でフルHDよりもさらに解像度が高いWUXGA(1920*1200)の10インチタブレット兼ノートパソコンが手に入るということなので、コストパフォーマンスは非常に高い。


専用キーボードについての詳細と最新価格はこちら>>Original Chuwi HI10 PRO / Hibook / Hibook Pro Keyboard-40.66 Online Shopping| GearBest.com


CHUWI Hi10 Proについての詳細と最新価格はこちら>>CHUWI Hi10 Pro 2 in 1 Ultrabook Tablet PC-172.35 Online Shopping| GearBest.com


CHUWI Hi10 Proと専用キーボードのセット販売はこちら>>CHUWI Hi10 Pro 2 in 1 Ultrabook Tablet PC with Keyboard-227.79 Online Shopping| GearBest.com


中華タブレットの関連記事
dobonkai.hatenablog.com
dobonkai.hatenablog.com
dobonkai.hatenablog.com
dobonkai.hatenablog.com